老人ホームの看護師って新卒でもなれるの?

近年、求人が増えている老人ホームの看護師。中途採用の求人はたくさん見かけますが、新卒で老人ホームに就職することは可能なのでしょうか?

いくつかの老人ホームで働いて現場を見た経験から、新卒での老人ホームへの就職についてお話ししてみたいと思います。

新卒看護師が老人ホームに就職することは難しい?

老人ホームに看護師が新卒で就職することは、結論から言うと極めて稀なことではないかと思います。

老人ホームで働いたときに出会った看護師はみなさん、どこか別の病院などで経験を積んでから来られた方で、私ももちろんそうでした。

新卒看護師の就職が現実的ではない理由はいくつかあると思いますが、1つは、新卒が学ぶ環境が整っていないことでしょう。

通常、毎年新卒を受け入れているような病院では、教育カリキュラムやプリセプターシップ制度など、1人前になるまできちんと育てられる環境が整っています。

しかし、老人ホームではそういった環境がないところがほとんどですので、新卒看護師の就職先として選択肢に上がらないのではないかと思います。

また、老人ホーム側も即戦力になる人材を求めていることがほとんどなので、これから経験を積んでいくという新卒看護師は採用の対象にならないということもあると思います。

老人ホームの看護師として新卒で就職することがほぼないのは、ある程度自分で判断・行動できるだけの経験とスキルを現場が求めているからであると言えるでしょう。

老人ホームに新卒看護師が就職しないほうがいい理由

老人ホームの看護師に新卒で就職することについては、個人的にはやめたほうがいいのではないかと思っています。

理由は、老人ホームでの看護は、病院に比べて医療資材など限られた条件で行わなければならないことと、1人で判断を迫られる場面もあるということです。

臨床での経験がないままで老人ホームに就職してしまうと、適切な判断が難しいこともたくさん出てくると思います。

看護師の配置が少ない老人ホームほど、その傾向は強くなるので、新人の力では太刀打ちできないことも多いです。

どうしても老人ホームに就職したいということであれば、看護師の配置が多いところや新人教育をしっかり行っているところを探すなど、経験不足をカバーできる体制がありそうなところを探したほうが良いでしょう。

老人ホームにできるだけ早く転職するには?

老人ホームの看護師に新卒で就職することは難しいとお話ししましたが、やはり老人ホームで働くことが理想という方もいるかもしれません。

そのような方は、老人ホームで求められる資質が養えるような診療科や、雰囲気が老人ホームに近い病院へ、まず就職してみるのもいいのではないでしょうか。

例えば、長く病気と付き合う慢性疾患が多い内科であれば、老人ホームのように「生活に寄り添う」ことを学ぶことができます。

また、療養型の病院やリハビリ棟のある病院などであれば、雰囲気が穏やかなので老人ホームに比較的近い状況で働くこともできます。

患者さんの年齢層を見て、老年の方が多いところを選ぶのもいいかもしれませんね。

老人ホームの看護師に転職することを新卒のうちから考えるのであれば、老人ホームに求められる資質を養うことを念頭に置いておくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

老人ホームに新人看護師が就職することについて、その難しさなどを知ってもらうことができたでしょうか。

新卒ですぐに就職することは難しいかもしれませんが、基礎を身につければ転職先としては十分候補になります。

老人ホームで働くことを希望するのであれば、そこまでを見越した就職先を探すと良いのではないかと思います。

もし、老人ホームへの就職に迷っているのなら、看護師就職サイトに相談してみてはいかがでしょうか。

将来的なキャリアを見据えた就職先を探す相談に乗ってもらうことができますよ。

転職サイトランキングを見る