老人ホームで働くメリットって何があるの?

看護師の求人情報を見ていると、病院やクリニックと並んで数が多いのが、老人ホームの求人です。

老人ホームで働くことに興味はあるけれど、メリットがよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、実際に現場で働いた経験から、老人ホームで働くことのメリットについてお話ししてみたいと思います。

老人ホームで働くメリットは、生活全般を支えるやりがい

老人ホームで看護師が働くメリットは、何と言っても利用者の生活を支えることにやりがいを感じられることです。

病院で働くやりがいといえば、入院した患者さんが良くなって退院していくことなどが挙げられると思いますが、老人ホームは基本的に退所はありません。

ほとんどの方が、入居した老人ホームを最期まで住む場所と考えているため、何か事情がない限りはずっとそこで暮らします。

そんな利用者の生活を支えるのが、老人ホームで働く看護師の仕事です。

看護師の言動や態度のひとつひとつが、利用者の生きがいに関わってきます。

接遇やコミュニケーションには、より気を使わなければなりませんが、関わり方次第で利用者の生活の充実度は上がっていきます。

老人ホームで看護師が働くメリットは、利用者との関わりそのものがやりがいに通じる点であると言えるでしょう。

アットホームな雰囲気で落ち着いて働ける

老人ホームで看護師が働くメリットは、ほかにもあります。

実際に働く看護師から聞く者として多いのが、病院と比べて落ち着いた雰囲気の中で働けるということです。

老人ホームは、利用者の生活する場所なので、穏やかで落ち着いた雰囲気のところがほとんどです。

施設によっては、小規模で自宅に近い雰囲気づくりを行っているところもあります。

病院のように検査や処置などが立て込むことはなく、管理の難しい薬を神経を使って使うこともありません。

いい意味で緊張感が少なくて済む職場とも言えます。

老人ホームで看護師が働くメリットは、気の張り詰めるような現場から離れられることと言ってもいいかもしれませんね。

老人ホームは夜勤がないこともある

老人ホームで看護師が働くメリットには、夜勤をしなくていい職場もあるということも挙げられます。

これは働く老人ホームによって違うので絶対ではありませんが、夜勤のない職場を選べば、心身の負担を減らすことができます。

夜勤がない代わりにオンコール体制をとっている職場もありますが、ほとんどのところが交代制です。毎晩電話に気を使わなければならないわけではありません。

オンコール当番であっても、利用者に特に問題がなければかかってくることはありません。

また、夜勤に入る介護スタッフに利用者の状態や対処方法ををきちんと申し送りしておけば、ある程度コールの頻度を減らすことも可能です。

老人ホームで看護師が働くメリットは、夜勤のない職場を選べば、より業務の負担が減るということなのです。

まとめ

いかがでしたか?

老人ホームで働くことのメリットについて、ご理解いただけたでしょうか。

病院と老人ホームの両方で働いた経験を比べると、老人ホームの方が心身の負担は少なかったです。

その点はやはり大きなメリットだと思います。

老人ホームで働くことに関心のある方は、看護師転職サイトに相談してみてはいかがでしょうか。

実際に働く人の声を聞いたり、希望の勤務条件に合った職場を探したりしてもらうことができますよ。

転職サイトランキングを見る