介護付有料老人ホームの看護師、仕事内容と求人の特徴は?

高齢化が進み、ニーズが徐々に増えてきている有料老人ホーム。

有料老人ホームとひとことで言っても、実は違いがあるのをご存知でしたか?

今回は、有料老人ホームのひとつである介護付有料老人ホームについて、特徴や看護師の仕事内容、求人などをお話しします。

実際に現場で働いた経験も交えて説明していきますので、有料老人ホームに関心のある方は参考にしてみてくださいね。

介護付有料老人ホームの特徴

有料老人ホームには3つの種類があって、「介護付」「住宅型」「健康型」に分けられます。

この3種類の中でも、「介護付」と「住宅型」の有料老人ホームの数が半数以上を占めているという状況です。

介護付有料老人ホームの特徴は、都道府県から特定施設入居者生活介護の指定を受けている老人ホームであるということ。

人員配置や設備など、基準が法律によって定められている施設になります。

介護付有料老人ホームでは、介護が必要な高齢者が入居し、24時間体制で介護サービスを受けることが可能です。

施設によって、介護専用型と混合型があります。

介護専用型では、入居対象者が要介護1以上となっていますが、混合型では自立した方も入居できます。

介護付有料老人ホームの看護師の仕事内容

では、介護付有料老人ホームで働く看護師は、どのような仕事を行っているのでしょうか。

介護付有料老人ホームの看護師が主に行う仕事は、入居者の健康管理です。

バイタルサイン測定や服薬管理、受診が必要な場合の付き添いなどを行います。

施設によっては、医療的ケアが必要な方を受け入れていることもあり、その場合は医療行為も必要です。

また、ほかのタイプの有料老人ホームと比べて、介護が必要な方が多く入居していますので、生活の援助もしなければなりません。

介護士がメインで介護を行っている施設もありますが、多くの場合は、看護師と介護士が協力して行います。

介護付有料老人ホームの看護師の仕事は、健康管理と医療行為をメインに、介護行為も積極的に行っているという状況です。

介護付有料老人ホームの看護師、求人の多さや特徴は?

介護付有料老人ホームの看護師の求人についても、お話ししていきましょう。

有料老人ホーム全体でみると、求人数はかなり多くあります。

中でも、介護が必要な方が多く入居している介護付有料老人ホームは、看護師の定員が多いので、求人数がより多い傾向にあります。

しかし、求人情報を見ただけでは、介護付有料老人ホームなのか、ほかのタイプの有料老人ホームなのか、すぐにはわかりません。

住宅型有料老人ホームも、介護付と同じレベルのサービスを提供していることが増えているので、あまりその違いについては考えなくても良いでしょう。

介護付有料老人ホームの求人の特徴は、看護師がいなければならない時間が定められていないため、夜勤が必要ない求人もあるということ

そして、大手企業が運営している施設は給与条件が良いことも多いということです。

介護付有料老人ホームの看護師は、病院に比べれば負担も少なく、働きやすい条件の求人が多いのが特徴であると言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

介護付有料老人ホームの看護師はどのように働くのか、求人の特徴についてなど、イメージすることができたでしょうか。

介護が必要な方が多いと、肉体的な負担はやや増えてはきますが、それでも病院に比べると楽に働けるのが、介護付有料老人ホームの良いところです。

介護付有料老人ホームで看護師として働くことに関心があるのなら、看護師転職サイトに一度相談してみるのがオススメです。

施設の特徴や、求人の詳しい条件、実際に働いている人の声など、具体的に話を聞くことができますよ。

転職サイトランキングを見る