老人ホームで働く看護師に必要な経験とは?

近年、求人数が増えつつある、老人ホームの看護師。老人ホームというと、病院よりも経験やスキルがなくても働けそうなイメージを持つ方もいるかもしれません。

しかし、実際のところはどうなのでしょうか。現場で働いた経験を交えながら、老人ホームで働く看護師に必要な経験について、お話ししてみたいと思います。

老人ホームの看護師は未経験でもなれる?

老人ホームの看護師は未経験でもなれるのかどうかについて、まずは考えてみましょう。

結論から言えば、老人ホームの看護師は未経験でも大丈夫です。

老人ホームの看護師は、病院ほどの高度なスキルは必要としませんし、施設によっては医療行為がほとんどないところも多いからです。

しかし、看護師としての経験がほとんどない新卒の場合は、ちょっと難しいかもしれません。

老人ホームは医療行為は少ないものの、受診の判断や限られた資源・人員での対応など、臨機応変に状況を乗り切る力が求められるためです。

看護師の人数が十分で、新人を教育するだけの余裕がある施設なら良いかもしれませんが、老人ホームはそのようなところばかりではありません。

老人ホームの看護師は、老人ホームでの経験はなくても大丈夫ですが、同じ未経験でも新卒で働くのは難しいと考えておくと良いでしょう。

老人ホームの看護師に必要な経験とは

では次に、老人ホームで働く看護師に必要な経験についてお話ししていきましょう。

老人ホームに入居している高齢者の方は、服薬管理や医療行為が必要な人から、まだまだ元気だけれど将来の安心のために入居したという自立度の高い人まで、さまざまな方がいます。

なので、看護師に求められるものもさまざまで、これがあれば大丈夫、というような特定のスキルや知識、経験はあげることが難しいです。

そんな老人ホームですが、私自身が現場で働いてみて感じたのは、内科系の経験があった方が慣れやすいのではないか、ということ。

特に、慢性疾患を抱えた患者と長期に向き合うような経験や、療養病棟などでの経験があると、老人ホームの仕事には慣れやすいように感じました。

老人ホームの看護師に必要な経験は、強いて言うなら、そういった長期にわたって関係を築きながら行う看護の経験であると言えるかもしれません。

老人ホームで働くことで得られる経験

老人ホームで働く看護師は、どのような経験が得られるのかについて、最後にお話ししてみましょう。

先ほど、老人ホームで働くには、高度なスキルは必要としないというお話をしました。

医療行為に関するスキルという点では、病院ほどの経験を得ることは難しいでしょう。

しかし、老人ホームはそこならではの経験を得ることができます。

老人ホームは、病院などに比べて資源が乏しいです。

医療資材が豊富にあるわけではありませんし、個人で負担してもらわなくてはならないので、なんでも導入することはできません。

そういった限られた条件の中で、いかに入居者の抱える問題に対応できるかという経験をすることで、看護の応用力がつくのです。

長く老人ホームで働いている看護師の方が、いろいろなアイディアで対応する姿を見ていると、本当に勉強になります。

老人ホームで看護師が得られる経験は、分野に限らない知見が得られることであるとも言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

老人ホームで働くためにどんな経験が必要なのか、働くとどんな経験が得られるのか、イメージすることができたでしょうか。

老人ホームは特定の診療科ではないぶん難しいところもありますが、広い視野を持てる職場であると、個人的には感じています。

もし老人ホームで働くことに関心があるのであれば、看護師転職サイトに相談してみてはいかがでしょうか。

実際にどんな経験を持った方が転職したのか、現場でどんな経験をしているのかなど、具体的な話を聞くことができますよ。

転職サイトランキングを見る