老人ホームの看護師は楽って本当?

老人ホームに転職を考えている看護師の方の中には、「楽そうだから」という理由を挙げる人も少なくありません。

一見すると病院に比べて楽そうに見える、老人ホームの看護師の仕事。果たして本当に楽なのでしょうか?

実際に老人ホームで働いた経験から、楽かどうかについてお話ししてみたいと思います。

老人ホームでの仕事も体力勝負

老人ホームで働く看護師が楽かと問われると、体力的には変わりないことが多いと思います。

なぜなら、介護が必要な入居者が多く、体力を使う場面が病院と変わらないくらいあるからです。

老人ホームでは、当然ながら介護的ケアにかける時間の方が多いです。

入浴介助、トイレ介助、おむつ交換、体位変換や移乗の介助など、日常生活で必要な援助はすべて行います。

これらのケアは介護士がメインになって行う施設もありますが、人手が足りないこともありますし、看護師が全く関わらないということはありません。

ときには外出や受診の付き添いなどで、施設外へ出なければならないこともあります。

老人ホームの看護師に楽さを求めている方は、体力面では楽になることはあまりないと思っておいたほうがいいかもしれません。

楽に感じる理由は緊張感の少ない雰囲気

老人ホームの看護師が楽という意見は、現場で働く看護師から聞くことも多いです。

しかし前述したように、体力面ではそこまで楽ではありません。では、どこが楽だと感じるのでしょうか?

実際に老人ホームで働いてみて楽だと感じたポイントは、病院と比べて緊張感が少ないというところです。

病院で働いていると、容体の悪い患者に気を使ったり、突然の急変があったりと、気が抜けないことが多いです。

けれど、老人ホームは利用者にとっては自宅のようなもの。

病院ほど、常に気を張っていなければならないわけではないので、その点は非常に楽でした。

利用者との関わりの中で笑いが生まれる場面も多く、楽しく働けたのも印象的です。

老人ホームの看護師が楽なのは、老人ホーム特有の雰囲気によるものと言ってもいいでしょう。

老人ホームの方が病院より大変なこともある?

老人ホームの看護師は、楽な面もありますが、病院よりも大変だなと感じた点もありました。

それは、限られた条件の中で対応をしなければならないということです。

病院には、どんな状況にも対応できるよう、種類も数も豊富な医療資材や薬があります。

必要があれば、すぐに医師を呼ぶこともできます。

しかし、老人ホームではそういうわけにはいきません。

利用者が持っているものや、市販で手に入るもので対応しなければならなかったり、状況を見て受診するかどうかを判断したりしなければなりません。

病院とは違って、利用者が生活をする場であるからこその、臨機応変な対応が求められます。

老人ホームの看護師が楽ではないのは、何かあったときに必要とされる責任が大きいからなのです。

まとめ

いかがでしたか?

老人ホームの看護師が楽かどうかについて、イメージすることができたでしょうか?

老人ホームでの仕事は楽ではないところもあります。

しかし、同じ施設で働くほかの看護師や、提携医療機関とも協力しながら利用者のサポートを行っているので、その点は安心してもらえればと思います。

老人ホームでの仕事に関心のある方は、看護師転職サイトに相談してみるのも1つの方法です。

実際に働く人の声や、複数の老人ホームの様子を聞いたりできるので、転職の際の参考になりますよ。

転職サイトランキングを見る